Day Bright Styleの工法
ニチメイのこだわり

在来工法と2×4工法のいいとこ取り
対象プラン
「在来工法」と「2×4工法」を組み合わせた「ハイブリッド工法」
制震ユニットを搭載した「ハイブリッド制震工法」
Day Bright Styleでは耐震性能・耐火性能を追求し、安心と安全の住まい造りを目指します。
通し柱金物工法 仕口の簡素化により断面欠損・大幅減少!
根太レス工法 根太レス工法(剛床工法)で横揺れ、
ねじれに強い!
エンジニアリングウッドを使用! 100年住み継がれる住まい造りには、欠点を解消し、強さを活かすエンジニアリングウッド(EW 材)を使用!
伊丹市内初!全邸に構造計算を実施!根拠のある安全と安心を追求します!
Day Bright Styleでは3種類の構造耐力面材をご用意

ダイライト

壁倍率 9mm厚/2.5倍 12mm厚/3.0倍

ハイベストウッド

壁倍率 9mm厚/2.5倍~4.0倍

つくば市(独)防災科学技術研究所において実物大の振動実験を実施しました。
実験の結果、ダイライト・ハイベストウッドともに優れた耐震性を発揮しました。

「新防火基準」もクリア
ページ先頭へ